はじめに

ザトウクジラ達は子育て・繫殖の為に、沖縄本島までとてつもなく長い距離を移動をしてきます。そんなザトウクジラ達が落ち着いて子育て・繫殖し、また再び糸満へ戻ってきてもらう為にもルールを取り決めています。近頃SNSで出回っておりますような、何十日連続エントリーというような事はほぼあり得ません。もちろんエントリーできない日もありますし、できない日の方が多い場合もあります。返金もございません。ご理解お願い致します。

  1. クジラにできるだけストレスを与えないようにする為、基本的に動かないクジラにできるだけ音を立てずにエントリーします。
  2. 前に回り込み強引にエントリーする事や操船は一切致しません。
  3. 同一個体を長時間追いかける事はしません。
  4. その日のスイムが十分できたと判断した場合は早めに帰港致します。
  5. カメラに延長ロッドをつけてクジラに接近させるような撮影は禁止です。
  6. ストロボ・ライトの使用は禁止です。
  7. 追いかける事は禁止です。風などで流される場合に最低限の泳ぎは可能です。

日程

カレンダーをご覧ください。

ご予約と料金

ご予約は2022年11月20日より開始しております。
※カード決済もご利用できますのでご予約時にお知らせください。
※水中に入れない場合、見られない場合でも返金はございません。

ホエールウォッチ(スイム)22.000円     

少人数性の為キャンセル料が発生します。
キャンセル料 30日前~50% 14日前~100%

開催期間と時間と地域

2023年1月20日~3月12日で開催します。
糸満漁港9時出航~15時頃帰港 場所:糸満沖合
日程は変更になる場合もあります。日程はカレンダーを参照ください。

参加資格


ダイビングCカード所持者もしくはシュノーケリング、スキンダイビングCカード保持者

スキル条件


時期的に風が強い日が多く、常に船が揺れていると思ってください。スタッフは大海原で泳ぐクジラを探す為に集中しております。
下記を十分ご理解のうえご参加ください。
・船上を含め自分の安全は自分で守れる方
・全てにおいて素早く自分で準備でできる方
・水面で冷静(夢中になって泳がない)に対応できる方
・波があってもスムーズにエントリー、エキジットできる方
・周りを注意しながら行動できる方
・船酔いした際に邪魔にならない所で休憩して頂ける方

・もし見つからない場合でも楽しめる気持ちをお持ちの方

おすすめする持ち物

スーツは一人で着脱できるウェットがおすすめですが、ドライでも可能です。(常に着用し、エキジット時にフィンがすぐに脱げる必要があります)
酔い止め(アネロンがおすすめです。乗船1時間前には服用ください。)日焼け止め、偏向サングラス、ボートコートや合羽(濡れたままのウェットでいると風に吹かれて結構寒くなります)、船上でも撮影を行うならカメラを守るタオルやビニール袋があると便利です。

内容

毎年子育てに糸満沖にやってくるザトウクジラを見に行きます。必ず見られる訳ではありません。また必ず水中に入られる訳でもありません。しかし出来るだけ皆様に近くで見られるように、スタッフはできるだけ毎日クジラを観察しにいき、出会える確立を上げられる努力をしています。出航後30分でみつかる事もあれば、諦めて帰る時にみつかる時もあります。根気強さが求められます。その代わり地球上最大級の動物を間近で見られた時は何度見ても感動します。1日だけの参加ではなく諦めずに何日も通して参加頂けると確率もあがりますし、クジラの性格もわかって来て楽しさもさらに増します。うまく水中に入れた時でもエントリーしたら水中では音を立てずにし、フィンキックはしないようにしてください。追いかける事や潜る事は禁止しております。尾鰭や胸鰭に近づかない様にしてください。万が一接近した場合は回避する行動をとってください。お昼を含め飲食はクジラといつ出会うかわからない為、簡単に済ませれる物をおススメします。

手順

1クジラを探します。スタッフ頼みではなくぜひ皆さんも一緒に探しましょう。コツはブローを見つける事です。
2クジラが見つかれば船がゆっくり近づいて行きます。
3近づけるリラックスしたクジラか様子をみます。

(まったく近づけないクジラやブロー(呼吸)間隔が長いクジラはウォッチも難しいです。)
4船を停めてもクジラがリラックスしているかスタッフが判断します。この間はいつでもエントリーできる準備をしておいてください。
5エントリーできると判断したら声をかけますのでゆっくり慌てずスムーズにエントリーします。
6水中では泳がない、潜らない、クジラを刺激しないように注意してください。

(この間も必ず周りを確認しチームとはぐれない、ボートを見失わないようにしてください。)
7クジラが見えなくなったら皆で近くに集まりボートを確認してください。
8ボートが近づいてきたら船長の合図が出てからボートに近づいてください。
9スムーズにエキジットします。フィンやカメラを落とさないように注意してくだい。落としても回収は不可能です。

(カメラは万が一落とした際でもすぐに沈まないように、浮力を限りなく中性にカメラのウェイト調整をしておくことをおすすめします。)

皆が船へあがったら14時頃まで手順1から繰り返します。
クジラを刺激せずにリラックスさせていると何回も同じクジラと遊ぶ事ができる事もあります。
いい1日になるよう一緒に楽しみましょう!

クジラの行動

クジラの行動にはブロー・ペダンクルアーチ・フルークアップ/ダウン・ペックスラップ・フリッパーフロップ
テールスラップ・ペダンクルスラップ・スパイホップ・ブリーチング・ヒ―トラン・ソング(鳴き声)等があります。水中だけではなく水上でも見応え十分です。
レア度
★☆☆ブロー・ペダンクルアーチ・フルークアップ/ダウン
★★☆ブリーチング・ペックスラップ・テールスラップ・ソング
★★★フリッパーフロップ・スパイホップ・ペダンクルスラップ
★★★★ヒ―トラン